NASAが発表した40億年前の火星の様子を推測したアニメーション
NASAはこのほど40億年前の若い惑星だった頃の火星の様子を推測して、アニメーションにして公開しました。
自然素材の注文住宅


こちらはNASAゴダードコンセプチュアルイメージラボによって作られた動画で、40億年の間に火星が大きく変化し、現在の寒く不毛の場所となった内容が描かれています。

このアニメーションでは、私たちが現在知っている火星の様子とはまったく違う昔のイメージを紹介しています。40億年前、NASAが信じるところによると、この赤い星には生命の存在に欠かせない海の水を保持するだけの厚く温かい大気の層があったそうです。

このアニメーションでは、大気が変化して土に含まれる鉄分のために土地がピンクやオレンジに変わってしまう前の、火星湖や青い空や雲などがあった頃がどんな様子だったかを紹介しているのです。

まるで地球みたいですね。
ということは、地球もいつか遠い将来こんな風になるんでしょうかね?
 
この記事は以下のサイトを参照させていただきました
http://www.telegraph.co.uk/science/space/10446833/Nasa-releases-animation-of-what-Mars-looked-like-four-billion-years-ago.html 
Edit