自然の不思議!川の中にできる氷のディスク
ノースダコタのシャイエン川で回転しているこの大きな氷のディスクを見た時は、この記事の投稿者は、有名な芸術家のAndy Goldsworthy(自然の中で自然のものを使ったアート作品が有名なスコットランド在住の芸術家)の新しいアート作品かと思ったそうだ。
自然素材の注文住宅


こちらの動画は、George Loegeringさんがシャイエン川沿いにハイキングをしていた際に見つけて撮影したもの。彼の推測では、このディスクの直径は約55フィート(16.7メートル)ほどで、出来るまでにある程度の時間がかかったのではということだ。

St. Paul Pioneer Pressで国立気象サービスの水文学者のAllen Schlag氏が語ったところによると、
冷たくて密度の高い空気-当時のシャイエン川近くのファーゴ市周辺の気圧は11月で最も高かった-が川の水を凍らせたが、水温は比較的温かかったため、一気には凍らなかった。そして浮遊している氷のカケラが渦につかまり回転を始めたとのこと。
Schlag氏曰く、「それは一枚続きの氷ではないでしょう。もしグレープフルーツ大の石を投げ入れたら、氷をそのまま通過するでしょう。これは堅い氷のシートではなく、氷のキューブの集合体なのです」

この回転する氷のディスクは非常に珍しいものだが、条件さえ完全に揃えば時おり自然に姿を見せるものなのだ。
これらの写真は人々が幸運にもカメラを持っている時に偶然出くわしたそのディスクの数々。

たしかに、こんなものを突然見つけたら、人工物だと思ってしまいますよね。
自分は宇宙人の仕業だと思ってしまいそうです・・・。
Edit