空気嫁、宇宙へ行く
空気嫁(ダッチワイフ)を天高く飛ばしてみた。
もうそこは宇宙。地球はやっぱり青かったのだ。 
自然素材の注文住宅


ダッチワイフ史上初の試みであろう。
 
このダッチワイフの名前はミッシー。
ミッシーは宇宙を目指す。

気象観測気球に吊り下げられたミッシー(空気嫁)は、分速400mで上昇。
31090mの高度まで上昇したが、残念ながら気球がバースト。
空気も薄いマイナス57℃にもなる世界までダッチワイフは飛んだのだ。

くるくると回転しながら落下するミッシー。
さらにアクシデントは続く。
ミッシーは五体満足ではいられなかった。

空気の圧力で爆発はしなかったものの、落下の最中に両腕と右足が裂傷してしまった。
なんという悲劇。 

そして、ミッシーは行方不明になる。
なんと自由落下の最中に見失なってしまったのだ。
生存確認が出来ないという残念な結果である。 

きっと、どこかの海で浮いているのかもしれない。

この記事は以下のサイトを参照させていただきました
http://www.mirror.co.uk/news/weird-news/video-watch-sex-doll-space-2946138 
Edit