slowest-high-speed-photos-ever-fabian-oefner
モデルカーを各パーツごとに細かく分解し、それをCGで合成していくと、素晴らしい瞬間分解図が表現された。
自然素材の注文住宅
slowest-high-speed-photos-ever-fabian-oefner-1

slowest-high-speed-photos-ever-fabian-oefner-9
 
slowest-high-speed-photos-ever-fabian-oefner-8

slowest-high-speed-photos-ever-fabian-oefner-3

slowest-high-speed-photos-ever-fabian-oefner-6

slowest-high-speed-photos-ever-fabian-oefner-5

slowest-high-speed-photos-ever-fabian-oefner-7
 
slowest-high-speed-photos-ever-fabian-oefner-4

slowest-high-speed-photos-ever-fabian-oefner-2

ベンツやジャガーやフェラーリのパーツの美しさはまさに芸術。
一つ一つに魂が宿っているかのような生き生きとした部品。

モデルカーとは言え、ここまで細かくパーツが複雑に組み込まれているんですね。
分解するのだけで、相当な日数がかかります。

アーティストにより、パーツ一つ一つを撮影していくと、数千枚にもなるそうです。
それをPhotoshopでマスクをかけ、カットし、組み合わせていきます。

この瞬時に撮影したかのような画像を作成するのに2ヶ月はかかりました。

これは恐らく、最も遅い『高速』イメージです。

現実には存在しない、一瞬のバラバラ画像。瞬間の美。
CGではありますが、実際のモデルカーのパーツを撮影しているので、実にユニークな画像になりました。

Edit