これは珍しい!平壌の最近の街の様子が撮影された
北朝鮮での映像ってそこまで露出されないけど、よくここまで撮影出来たなぁと思う。
平壌はこういう街の様子なんだなぁというのが良く分かる映像に仕上がっている。
自然素材の注文住宅

イギリス人写真家のロブ・ホワイトワースさんはこれまでに数多くの極東の国へ旅している。
ロブさんはこのほど、日頃あまり知られていない北朝鮮の首都、平壌の日常風景を撮影することが出来た。

これまで西側のメディアにはほとんど公開されてきていなかった市内の珍しいエリアへのアクセスに成功したのである。
 
もちろんロブさんの側には常に北朝鮮側の関係者が付き添い、撮影の可否について制限がついてまわったことはロブさんも認めている。
 
彼は今回の撮影について“素晴らしい機会だった”と話している。
撮影された映像の中で、オフィスで働く人達や混んだ地下鉄の様子など町の背景の様子が見られる。

常に近くでロブさん達撮影チームを“手助け”していた北朝鮮政府のツアーガイドによって、建設現場や軍の施設の撮影は許されなかったそうだ。

ちなみにこの映像を見た批評家達からは、このような素材や撮影ツアーが自国民に対して残虐行為を行っている北朝鮮政府のプロパガンダに利用されていると厳しい論調もあるようだ。

それにしても、平壌の(おそらく外部に見せても大丈夫な一番マシな箇所?)は思ったよりも生き生きした感じなんだなというのが正直な感想。
子ども達の間ではローラーブレードが流行っているんですね。DHLが走っているのにもびっくりしました。すごいなDHL。


こちらも同時にどうぞ。
どうも似たような場所がちらほら。あまり色んなところで撮影出来ないってことでなんでしょうね。
↓ 
Edit