家から出て帰ってくる度に体が大きくなってしまい
別に体の異常なのではなく、ある事を暗示している。または風刺的な意味もあるのかもしれません。
自然素材の注文住宅


体が大きくなっているわけではないのだ。
実は家が小さくなっている。
つまり、住む場所が小さくなっている。

これは何を表現しているのかといえば、温暖化の事。
地球温暖化によって氷が解け、シロクマの居場所がどんどん無くなっているのだ。

居住地というだけではなく、食料事情でも大変な事になっている。
食料であるアザラシの休息場所でもある氷上が少なくなるということは、単純に狩場も減っているということ。
氷から氷へと泳ぐ距離が増えてしまい、体力も使うし、シャチにも襲われてしまう。
食事もままならないシロクマのが餓死する姿も目撃されている。

もし氷が完全になくなったらシロクマはどうなるのだろうか?
さすがに海の中にいるわけにはいかないだろうから、陸地を求めて移住するのかな?
単純に南下したとしても、今までは強力なライバルがいなかったが、競争が激化するのは必至。
ということから絶滅も危惧されている。

2009年に製作されたものですが今でも考えさせられるCMになっています。 
Edit