女性にモテる簡単な火起こしの技
好きな子の前で試してみよう。
驚きと共に、ハートにも火が灯されるであろう。
自然素材の注文住宅


もし無人島に漂流した時に、どうしてもすぐに火を点けたい時、ガムと乾電池を携帯していれば、あら簡単。

銀紙はアルミで出来ているもの、または通電するもの。
ガムの包装紙やタバコの包装紙、それしか思いつかないけど、それがあれば、非常に簡単に火を起こせる。

電池のプラスとマイナスを直接に紙で繋ぐだけ。
着火点を紙の中心にするためにも、紙の中心は細めに切り込んでおく。
すると、そこから火がつきだし、あっという間に燃えていく。
これが火種として、小枝や木屑に燃え移させれば、すぐにでも焚き火が可能だ。

注意しなければいけないのは、思いの外、簡単に火がついてしまうため、アチアチ!!と火を放り投げないように注意が必要だ。
そんな事したら、好きなあの子も興醒めだ。

しかし本当にアッサリ火がつくもんだ。
アルミが通電することは、小学校の理科の実験とかでも試したことある人多いと思う。
確か、豆電球が点灯するかどうかやったよね。

今考えると、誰かしら、ガムの包装紙でやってたら・・・ 
簡単で危険だね。

乾電池とは言え、ショートや火傷に注意だぞ! 
モテるかどうかも、個人差がありますですぞ!!
Edit