無形文化遺産に登録されている人間の塔
人間ピラミッド、人間タワー。
人はどうして高く高くしていくのか。
自然素材の注文住宅

高ければ高いほど、危険度が増すパフォーマンス。
スペインのカタルーニャ地方で200年以上続く伝統的な行事なのだそう。
このお祭り騒ぎに人々は熱狂する。

あまりに危険なため、一時期中止にしようとする教会の思いも、人々の人気を止める事はかなわなかった。
お祭りというものは、一致団結し心が熱くなる不思議な魅力があるね。

この人間の塔は最大難易度で10段にもなるという。
これはなかなか成功しないが、上の段には、女性や子供を使って少しでも、下段の基礎となる人達の負担を減らすそう。
子供は成長と共に体重も増えてしまうから、訓練期間も短いはず。
まさに時間との戦い。

直接的な要因ではないとしているが、子供が亡くなった経緯から、ヘルメットの着用はしている。
そうは言っても。10メートル以上にもなるところから落下したらと思うと、非常に怖い。

2年に一度、60を超えるチームが集まって、競技会が開かれる。
そこでは、先に塔を完成させるというもの。

勇気、バランス、身体的強さ、協調性全てが揃って塔は完成する。
チームは信頼で結ばれていき、国民の心が一致する凄い瞬間なのかもしれないね。 
Edit