殺害現場のジオラマ
原因が不明の死を解明するために作られたジオラマ。
そのジオラマはかなり細部にこだわっているのだ。
自然素材の注文住宅
殺害現場のジオラマ1

ベッドの上に女性が寝ている。
血が飛び散っている。
これは射殺された情景?
近くには男性も血まみれで倒れている。
部屋は乱れ、強盗に襲われたのか、何なのか。
色々想像力をかき立てられるようなシチュエーションのジオラマ。

これは、1930年頃、法医学検査の母、リーにより実際の犯罪事件を参考にしてミニチュアを組み立てられたもの。
科学捜査のパイオニア的なもので、理論的に解決できるよう、警察、法医学の研究者のトレーニングツールとして使用。
70年経った後でも、使用されるくらい完成度の高いものとなっている。

真実を見つける。原因不明を解明する。
そのために、当時はこのくらい精密に作られたということ。
現在は、捜査のレベル、科学の進歩で、ここまでのジオラマを作ることもないのだろうけど、このジオラマはかなり研究に役立ったのだろう。

このジオラマを作るのに、約3ヶ月はかかるようだが、個人的には、過去の色んな事件を再現してみて欲しいと思ったり。

殺害現場のジオラマ2

殺害現場のジオラマ3

殺害現場のジオラマ4

殺害現場のジオラマ5

殺害現場のジオラマ6

殺害現場のジオラマ7

殺害現場のジオラマ8

殺害現場のジオラマ9
殺害現場のジオラマ10

殺害現場のジオラマ11

殺害現場のジオラマ12

殺害現場のジオラマ13
 

この記事は以下のサイトを参照させていただきました 
http://www.amusingplanet.com/2015/05/nutshell-studies-of-unexplained-death.html 
Edit