驚天動地ロラパルーザ!面白き世界の車窓から

世界から国内からインパクトある面白情報をお伝えできればと思います。

    カテゴリ:歴史・文化

    アフロヘア―コンテストの女性の髪形が独創的ですごい
    コロンビアのカリ市で、第9回アフロ・ヘアドレッサーコンテストが開催された。
    それぞれのヘアドレッサーが技を競って素晴らしく独創的な髪形を作り上げてます。
    【アフロヘア―コンテストの女性の髪形が独創的ですごい】の続きを読む

    砂漠のオアシスは2000年存在していた
    敦煌市の近くの三日月のような湖(池?)に小さな街が。
    それはまるで西遊記にも出てきそうなドラマちっくな場所。  【【オアシス】ゴビ砂漠に2000年もの間と存在し続ける小さな町はまるで蜃気楼のよう【敦煌】】の続きを読む

    26年かけて作った橋
    まるで傷をつけても自己修復して頑強さが増しそうな感じです。
    インドネシアの木の根っ子を紡いで作った村と村を繋ぐ橋。
    まさに自然との共存。  【26年かけて作ったインドネシアの木の根っこ橋が100年使っても大丈夫!】の続きを読む

    サクラダファミリアの天井を撮影
    サクラダファミリアの中から天井を眺めてみると・・・
    畏敬の念を抱かせるような有機的であり、魅了させる美しさでもあります。
    まだ未完成ながらも世界遺産に登録されているという凄い建造物。 【サクラダファミリアの天井が万華鏡のような催眠術にかかりそうな怪しげで綺麗】の続きを読む

    城壁都市
    人々は外敵から災害から身を守るために壁を作りました。
    その存在を初めて知ったのは、城塞都市メルキド。
    何やら城塞都市という言葉に惹かれたあの頃。
    進撃の巨人でも壁がポイントになっています。 【城壁を壊されるな!進撃の巨人のような城郭都市は世界にまだまだあるのだ】の続きを読む

    プレオブラジェンスカヤ聖堂
    こちら、ロシアのオネガ湖に浮かぶキジ島にあるプレオブラジェンスカヤ聖堂。
    なんと100%木造で、釘も使われていないそうだ。
    【これ全部木で出来ているんですってよ。びっくり。プレオブラジェンスカヤ聖堂】の続きを読む

    019t
    1: 
    縞三毛(栃木県) 2013/04/11(木) 22:01:37.91 ID:vmpqUBFQ0
    有史より、人類の最良の友として我々のそばにいてくれたワンコ。ペットとしても、 
    またキャラクターとしても大人気なワンコだが、今、江戸時代に描かれたワンコの絵が注目されている。 

    ウルウルした瞳でモフっと座る小型ワンコ、これは完ッ全に可愛い! 時を超え、今、ネットユーザーをメロメロにしているのだ! 

    可愛いと話題になっているのは、江戸時代の絵師・長沢芦雪の作品「白象黒牛図屏風」だ。 
    この屏風には白い象と黒い牛が描かれているのだが、黒い牛のお腹のあたりにご注目! 
     モフモフの白ワンコがちょこんと座っているのだ。 

    投げ出された足がまたキャワイイ!「ペロッ☆」と舌を出して、ちょっと首をかしげ、今にも 
    「きゅ~ん」という声が聞こえてきそうだ。そんな顔で見つめられたらこっちが萌え萌えキュ~ンである! 
      
    なお、この『白象黒牛図屏風』は東北地方を巡回中の「若冲が来てくれました―プライスコレクション 
    江戸絵画の美と生命―」で、実物と現寸大のレプリカを見ることができるぞ。2013年4月現在、 
    仙台市博物館で、その後は岩手、そして福島で展示される予定である。 

    それにしても、江戸時代に、こんなゆるカワなワンコ絵が描かれ、200年経った現在でも人々の 
    心をつかみ続けるとは……今も昔も萌えキュンセンサーは変わらないのかもしれない! 

    【きゅ~んきゅ~んと屏風に描かれた江戸時代の萌え江戸時代のゆるキャラ!?ワンコがふにゃっとカワイイ】の続きを読む

    012t
    世界最大の豪華客船であるアリュール・オブ・ザ・シーズ。
    オアシス・オブ・ザ・シーズの2番艦である。 
    映画にもなったタイタニック号との大きさの違いがわかる比較画像だよ。  【タイタニックと世界最大のクルーズ客船を比べてみた。( アリュール・オブ・ザ・シーズ)】の続きを読む

    このページのトップヘ