驚天動地ロラパルーザ!面白き世界の車窓から

世界から国内からインパクトある面白情報をお伝えできればと思います。

    カテゴリ:食べ物・健康

    cultured-meat1
    肉の培養して食べる時代が来るのか。
    この研究は将来的に、宇宙での生活にも役立つだろうし、動物を守ることにも繋がるかも!? 【研究室で培養される栽培肉は将来的に人類と地球を助けるかも!?】の続きを読む

    アルツハイマーになる率を下げるステーキとほうれん草
    ステーキは鉄分豊富な食べ物だ。もしかすると痴呆になりにくくしてくれるかも。
    タンパク質も取れるし分厚い肉をガッツリ食べたくなる記事だ。  【【ボケ】アルツハイマーになる率を下げるステーキとほうれん草【対策?】】の続きを読む

    ノンアルコールビール30杯で血中アルコール濃度をあげてやる
    ノンアルコールビールでどこまで血中アルコール濃度を高められるのか。
    ノンアルコールと言っても、ほんのりアルコールが入っているので『ゼロ』ではないのだが・・・ 
    そんな興味深い実験である。  【ノンアルコールビール30杯で血中アルコール濃度をあげてやる!という夢に挑戦!】の続きを読む

    ロシアの激しいコックさん
    なんか、スティーブン・セガールが料理したらこんな風になりそうなイメージもありますが、ナイフの動きが激しくてこわーい! 【ロシアのモータルコンバット風ケバブ屋さんの激しいアクションを御覧ください】の続きを読む

    イスタンブールのアイスクリーム屋でからかわれる日本人観光客
    日本人観光客がトルコアイス屋におちょくられています。
    でもこれはショーのようなもので、結構色んなところで行われているようです。  【まるで奇術のようにトルコアイスを巧みに操り日本人を翻弄するイスタンブールのアイスクリーム屋】の続きを読む

    進撃の巨人バナナ
    バナナ彫刻はテレビでも放送されていたりしているので、ご存知の方も多いと思いますが、進撃の巨人の超大型巨人までも彫ってます!! 【進撃の巨人に出てくる超大型巨人のバナナ彫刻!を駆逐してやる!】の続きを読む

    身体パーツを焼くタイのパン屋さんパンが怖!!!1
    タイのアーチスト、Kittiwat Unarromさんの父親はバンコクから65マイルほど東にある小さな町でパン屋さんを営んでいたのだが、父親のビジネスがより注目を集めるため、彼は世界でもっとも奇妙なパンを焼くことにした。
    【【閲覧注意】身体パーツを焼くタイのパン屋さんパンが怖ッ!!!ぐぇぇぇ・・・】の続きを読む

    赤ちゃんに食べようとしないものを食べさせる方法
    赤ちゃんも美味しいものは知っています。
    そうすると、好き嫌いが出てくるので、本来食べさせなきゃいけないものを食べてくれません。
    そんな時に、どうしたらいいのか、この動画に解決方法が!!  【赤ちゃんに食べようとしない野菜を絶対確実に食べさせる方法なのか?】の続きを読む

    コカ・コーラ缶コレクション
    コカ・コーラ缶コレクターのダヴィデさんは、子供頃から珍しいデザインの缶を集めています。
    飲み物が販売されていない、キューバや北朝鮮以外の国のほとんどのデザインがそこにあります。
    【【缶の王】コカ・コーラを愛し過ぎる男の10000以上の缶コレクションがもはや最大級】の続きを読む

    惑星ケーキ-
    木星。それは見る人にとっては畏怖対象。
    奇妙な模様とその巨大さに圧倒される太陽系最大の惑星。
    それがケーキになっちゃった!  【木星を食べて見ないかい?木星の気味悪さも再現する惑星ケーキのクオリティ】の続きを読む

    ハリー・ポッターの豪華なケーキ
    ハリー・ポッターは今でも根強い人気です。
    確かに面白いし、世界観も素晴らしい。
    それをケーキで表したらどうなるか?  【ハリー・ポッターファンに捧げる魔法のような誕生日ケーキ】の続きを読む

    「200-Kcal」ってどれくらい?
    もう早くも夏は中盤に差し掛かってしまいましたが、まだまだ海にもプールにも行ける!!
    ってことでお腹まわりが心配な方は、今からでもきっと遅くはないので、食べ物とカロリーチェックだ!! 

    では、200kcalってどのくらいの量になるのか・・・  【夏だしダイエットに!改めてビジュアルで確認する「200Kcal」ってどれくらい?】の続きを読む

    ファスト・フードを食べない10の奇妙で不気味な理由
    みんな必ず一時期はハンバーガーとかピザが大好きですよね。
    でも、ファスト・フード店て実はヒドイところってことを忘れがち。
    オーナーは偏屈で、アルバイトスタッフは馬鹿なティーン・エイジャーで、誰もちゃんと掃除しない。
    そんな場所だったりするのです。 【ファスト・フードを食べない10の奇妙で不気味な理由】の続きを読む

    このページのトップヘ