驚天動地ロラパルーザ!面白き世界の車窓から

世界から国内からインパクトある面白情報をお伝えできればと思います。

    タグ:歴史

    100年の間に起きたヘアスタイルと化粧の流行の移り変わり
    最近の女性を見ると、濃すぎる化粧の方は少なくなっているので、可愛い子は多いと思います。
    でもそれでも、また10年、20年経つと、うわっ、って思うようになるんでしょうかねぇ。  【100年の間に起きたヘアスタイルと化粧の流行の移り変わりを1分にまとめてみた】の続きを読む

    アメリカの州ごとに最も人気の女の子の名前
    奇妙なのは広大なアメリカ全土で同じ名前が広がるということ。
    日本ならまだしもって思うけど、不思議なもんだねぇ。
    【その年に名付けられた女の子の名前でアメリカの州ごとに一番人気は何か推移を見てみよう】の続きを読む

    奇妙奇天烈な不思議な風習
    人を弔う儀式は誰が最初に考えるのだろうか。
    世界中には色んな葬送方法があるのだが、その中でも変わったものを紹介する。  【死体を食べる、指を切断する等、地球上には奇妙奇天烈な葬儀の風習があるのだ】の続きを読む

    世界の歴代最も有名人はイエス・キリスト。その他の人達の有名度は1
    米国のコンピューターソフトウエア、Who is Bigger がイエスキリストが歴史上最も有名な人物であるとランク付けした。
    ちなみにイギリス首相のデビット・キャメロン氏は1483番目だ。
    【世界の歴代最も有名人はイエス・キリスト。その他の人達の有名度は???】の続きを読む

    15世紀の大聖堂がモダンな本屋さんに一変!
    多くの人にとって、良書を読むことは宗教的な経験となりえるでしょう。でもオランダ東部のズヴォレにあるこの新しい本屋では、そんな宗教的な経験がまったく新しいレベルに到達しています。 【15世紀の大聖堂がモダンな本屋さんに一変!】の続きを読む

    奇妙過ぎる写真
    何でこんなシチュエーションになったのかはわからないが、不思議過ぎてツッコミ入れたくなる写真を皆で掘り出してみた。 【歴史的な奇妙な写真を集めてみたら何だか状況が良くわからなくて怖い】の続きを読む

    アメリカ大陸を描いている最古の地球後・・・かも!1
    1504年の刻印があるこちらの地球儀、ダチョウの卵に描かれているのだ。地図製作法として美しいだけでなく、現存する地球儀の中でいわゆる“新世界(アメリカ大陸)”が描かれた最も古い地球儀かもしれないという意味でも貴重だ。

    【アメリカ大陸を描いている最古の地球後・・・かも!】の続きを読む

    白黒写真に着色してみた
    歴史的なモノクロ写真に自然な着色する事によって、随分と身近に感じてきます。
    100年近く前のものなのに、20年~30年前くらいの写真に見えますね。
    でもよくここまで復元できるなぁと驚いてしまいました。
    【歴史的な白黒写真をカラーにしてみると何か身近に感じてくる】の続きを読む

    放棄された100年前のテディベア
    ブリストル空港のスタッフがラウンジに放棄されたアンティークなテディベアを発見。
    所有者を探し続けて14ヶ月たったようです。  【空港に放棄された約100歳のテディベアの哀愁漂う姿と歴史を感じる写真】の続きを読む

    もしディズニーが史実に忠実だったら
    ディズニーは万人受けするファンタジーな話が多いと思うんだけど結構史実を取り扱っています。
    そんなディズニー調のアニメで歴史を正確に表現してみると・・・  【【現実的】もしディズニーが歴史に忠実だった場合【黒歴史】】の続きを読む

    019t
    1: 
    縞三毛(栃木県) 2013/04/11(木) 22:01:37.91 ID:vmpqUBFQ0
    有史より、人類の最良の友として我々のそばにいてくれたワンコ。ペットとしても、 
    またキャラクターとしても大人気なワンコだが、今、江戸時代に描かれたワンコの絵が注目されている。 

    ウルウルした瞳でモフっと座る小型ワンコ、これは完ッ全に可愛い! 時を超え、今、ネットユーザーをメロメロにしているのだ! 

    可愛いと話題になっているのは、江戸時代の絵師・長沢芦雪の作品「白象黒牛図屏風」だ。 
    この屏風には白い象と黒い牛が描かれているのだが、黒い牛のお腹のあたりにご注目! 
     モフモフの白ワンコがちょこんと座っているのだ。 

    投げ出された足がまたキャワイイ!「ペロッ☆」と舌を出して、ちょっと首をかしげ、今にも 
    「きゅ~ん」という声が聞こえてきそうだ。そんな顔で見つめられたらこっちが萌え萌えキュ~ンである! 
      
    なお、この『白象黒牛図屏風』は東北地方を巡回中の「若冲が来てくれました―プライスコレクション 
    江戸絵画の美と生命―」で、実物と現寸大のレプリカを見ることができるぞ。2013年4月現在、 
    仙台市博物館で、その後は岩手、そして福島で展示される予定である。 

    それにしても、江戸時代に、こんなゆるカワなワンコ絵が描かれ、200年経った現在でも人々の 
    心をつかみ続けるとは……今も昔も萌えキュンセンサーは変わらないのかもしれない! 

    【きゅ~んきゅ~んと屏風に描かれた江戸時代の萌え江戸時代のゆるキャラ!?ワンコがふにゃっとカワイイ】の続きを読む

    このページのトップヘ